「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

こころに関する絵本棚

「子どもへの心理教育」「精神保健」に関するさまざまな本、特に絵本を集めた本棚です。

》こころに関する絵本棚 byぷるすあるは(ブクログのページへ)

 

カテゴリ別

《家族が病気になったときの絵本》・・・プルスアルハの家族のこころの病気を子どもに伝える絵本シリーズに加え、病気を精神疾患・精神障害に限らず、お母さんが乳がん、お母さんが難病になったときの絵本なども掲載しています。
子どもの何?どうして?に大人と子どもで一緒に考える本です。対象年齢は本によって。(就学前の子とも読めるものから、小学生くらいからのものも)

《こころの病気・状態を知る絵本》《虐待・DV・対応のための絵本》・・・子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ(翻訳本)、こころの病気がわかる絵本などを掲載。病気や状態の理解につながったり、ケアにつながる絵本。

《発達と障害を考える本》〜子どもも読める大型本のシリーズなど

《離婚についての絵本》〜海外の翻訳本が多い      など

 

*オススメ本を絞るよりも、幅広く紹介することをコンセプトとした本棚です。洋書もいくつか掲載。全て一般流通している本です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+