「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

境界線ってなに?…自分も相手も守る透明バリア

境界線ってなに?

 

すぐ近くに知らない人の顔があったら、イヤなかんじがするように、自分のまわりには、勝手に人に入ってこられない個人的な空間があります。
自分と相手の人との、目には見えない境界線。 見えない透明バリア。この透明バリアで、安心や安全が守られています。(英語では boundary バウンダリーといいます。)

 

空間のほかにも、持ち物、時間、からだや性、気持ちや考え方…。 いろいろな境界線があります。
透明バリアが守られないことがあります。自分でも気づかないうちに、相手のバリアをこえてしまっていることもあります。
子ども同士でもおきるし、大人と子どもの間でも起きます(残念だけど…大人が子どものバリアを守れないこともある!)。
親子、恋人、友人など、いろんな身近な関係の中で、透明バリアが守られないことがあります。

 

境界線・透明バリアは、自分も相手も大切にするためのツールです。

 

透明バリアが守られないとき…?

 

たとえば…こわい、モヤモヤしたきもちになったり。
相手との関係で、たとえば…ちがう意見を言いにくい、バカにされる、傷つくようなことを言われる、命令される。
こんなときは要注意。
透明バリアがピンチのサインかも? 気づけたらいいな…。

 

境界線を守るための工夫。

 

例えば…
・その場をはなれる
・だれか、信頼できそうな人にはなしてみる
・NOを伝える…

 

NOって言うのはムズカシイ。
迷っていいし、なんかモヤモヤとかイヤとか、そういう気持ちを見つけられるといいと思います。

 

NOって言われると…。
腹が立ったり、かなしかったり、イヤなきもちになったり、することがあると思います。ツライ。だけど…そのときに相手にイカリをぶつけないことは大切なこと。
相手の「透明バリア」をこえてないかな?ってちょっと考えてみる。
信頼関係のなかの「No」は、あなたをキライとか拒絶[きょぜつ]ではないです。
Noが受けとめられる関係は素敵だと思います。

 

みんな、ひとりひとりちがう。考え方もきもちも大切にしてるものもちがう。境界線は… 自分を守る・相手を守る透明バリア。

**

(境界線ってなに?…性暴力被害者支援センター・ふくおかと共同で制作しているテーマです。》イラスト入りのページへ(センターのサイト))