「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

子ども情報ステーションウェブサイト

このサイトに来てくださってありがとうございます。
精神障がいやこころの不調、発達凸凹[デコボコ]などをかかえた親とその’子ども’を応援するサイトです。
看護師・医師を中心としたチーム・NPO法人ぷるすあるはが運営しています。

》『ゆるっとこそだて応援ブック』のご注文はこちらから

 

お知らせ

「ゆるっとこそだて応援ブック」
好評販売中です 》ストアへ


ページ開設しました
》ヤングケアラーのみなさんへ


新型コロナウイルス関連ページ
》からだとこころのワークブック
》コロナ禍と…-取材記10


大宮図書館での絵画展フル開催は8月へ
》1月絵画展のオンラインギャラリー


1-3月のイベント情報 》ページへ

コラム

作者チアキ・インタビュー『ゆるっとこそだて応援ブック』

作者チアキ・インタビュー『ゆるっとこそだて応援ブック』

親が精神疾患をかかえている子どものための絵本(一覧)

親が精神疾患をかかえている子どものための絵本(一覧)

自分の体調を知る、こころと脳の不調(生きる冒険地図ウェブ版 #11)

自分の体調を知る、こころと脳の不調(生きる冒険地図ウェブ版 #11)

SOSを出す、SOSを出したらどうなる?(生きる冒険地図ウェブ版#10)

SOSを出す、SOSを出したらどうなる?(生きる冒険地図ウェブ版#10)

みんなのストーリー

DVなど大きな傷つきがある人にとってコロナの影響が重なりやすい… 今やらないといけない、と支援にとりくむレジリエンスさん

DVなど大きな傷つきがある人にとってコロナの影響が重なりやすい… 今やらないといけない、と支援にとりくむレジリエンスさん

集団と個別の両方で、精神に障害のある親をもつ子どもさんの支援に取りくんでいます

集団と個別の両方で、精神に障害のある親をもつ子どもさんの支援に取りくんでいます

目標をみつけにくい単調な詰めこみの毎日に、子どもも教員も疲れているけれど、保健室が安心の場になるようにしていきたい

目標をみつけにくい単調な詰めこみの毎日に、子どもも教員も疲れているけれど、保健室が安心の場になるようにしていきたい

「なにも整理されていなくていから、えいって、まず電話してつながってください」〜子育て、虐待の悩みの匿名電話相談(CCAP)

「なにも整理されていなくていから、えいって、まず電話してつながってください」〜子育て、虐待の悩みの匿名電話相談(CCAP)

動画

ピックアップ動画

Facebook

Twitter

イラストコラム


 

毎月のメールマガジン「アルハ通信」で最新情報が届きます(無料)
サイト運営団体:NPO法人ぷるすあるは
》これまでのメールマガジンをみる

ぷるすあるはを支援することができます。

*このサイトの運営はみなさまのご寄付にささえられています 》寄付・参加のページ(運営元・NPO法人ぷるすあるはのサイトへ)
*教材作成にあたって、平成28・29年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けました 》ゆめ基金で作成した教材のページへ