「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

[10/17-10/22]子どものきもち絵本原画展part.3ーぷるすあるはのチアキのアイデアが生まれるところ

[10/17-10/22]子どものきもち絵本原画展part.3ーぷるすあるはのチアキのアイデアが生まれるところ
2017年8月4日 pulusu

延419名の方にお越しいただき、全日程を終了しました。ありがとうございました。

NEWS

2017.10.22 ギャラリートークをFacebookでライブ配信 》投稿へ
2017.10.19 》アクセス&アルバム を掲載
2017.10.19 》大宮経済新聞》テレビ埼玉ニュース930、でそれぞれ紹介されました
2017.10.17 原画展始まりました
2017.10.11 》「見所」を掲載しました
2017.09.04 イメージイラスト「子ども時間」を掲載しました
2017.08.05 ギャラリーページを開設しました

開催概要

・日程:2017/10/17(火)-10/22(日) 10時-18時
※20(金)、21(土)は21時まで

・場所:さいたま市プラザノース2F ノースギャラリー1
》アクセス [さいたま市北区宮原町1丁目852番地1]

・内容:絵本原画、描き下ろし作品展示 絵本・活動紹介パネル展示、創作コーナー、ライブペインティング、ミニギャラリートーク ほか

・ミニギャラリートーク&朗読会
18(水)14時・20(金)19時・21(土)11時・22(日)16時

[PDF]原画展案内チラシA4

[PDF]館内マップA4

[PDF]アクセスマップ

※JR宇都宮線土呂駅(大宮から1駅)西口から、お隣の「ステラタウン行き」無料シャトルバス運行中
》ステラタウンアクセス

開催にあたって

2016年6-7月(谷中HAGISO)、2017年3月(さいたま市役所市民ギャラリー)に開催し好評いただいた絵本原画展の第3弾です。
ぷるすあるはの活動の全貌を紹介し、創作を体験できるコーナーを設けます。今回も、チアキのライブペインティングを行います。
ゆとりのあるスペースで、作品や絵本をゆっくりみていただける内容です。

※公共施設のため販売はありません 絵本やグッズの販売はあります

※本原画展はSOMPOホールディングス「SOMPOちきゅう倶楽部社会貢献ファンド」のご支援を受けています。

企画

①チアキのライブペインティング
10/19(木)以外の5日間

今回は一体、どんなパネルになるのか、どんな作品ができるのか…
まだまだ未知数、始まっても未知の世界。
*お昼と午後の1日2回小休憩をとります、リアルタイムの情報はtwitterをご確認ください

②ミニギャラリートーク&朗読会
18(水)14時・20(金)19時・21(土)11時・22(日)16時

チアキが展示作品・ライブペイント作品を紹介します。絵本を1冊朗読します。みなさんからの質問にもお答えします。
(所要時間約45分 申し込み不要 ギャラリーにお越しください)

③創作コーナー
会期中ずっとオープン

人気のコーナーです!「ぬりえ・消しゴムハンコ・豆本づくり」  いつでも自由にお楽しみいただけます。

***

過去の開催レポート

たくさん画像あり!チアキの脳内探検(作品鑑賞ガイド)も

》[お礼]子どものきもち絵本原画展part.2を終えて(part.2)
》[お礼]子どものきもち絵本原画展を終えて」(part.1)

ぷるすあるは https://pulusualuha.or.jp

親が精神障がいやこころの不調を抱えているなど、さまざまな事情の中で頑張っている子どもたちを、絵本やウェブサイトで応援しています。全ての絵を担当しているチアキは精神科の看護師です。2012年に「プルスアルハ」として絵本制作を開始。2015年にNPO法人ぷるすあるは設立し、情報サイトを開設。

・絵本(ゆまに書房)
家族のこころの病気を子どもに伝える絵本①うつ病編 ②③統合失調症・前後編 ④アルコール依存症編
子どもの気持ちを知る絵本①不登校編 ②家庭内不和編 ③発達凸凹・感覚過敏編

・情報サイト『子ども情報ステーション』 https://kidsinfost.net

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+