「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

新型コロナウイルス関連の情報とアイテム集(NPO法人ぷるすあるは編)

新型コロナウイルス関連の情報とアイテム集(NPO法人ぷるすあるは編)
2020年3月1日 pulusu

ページにおこしいただきありがとうございます。
NPO法人ぷるすあるはは、精神科のNs+Drを中心としたプロジェクトチームで、精神保健に関するさまざまアイテム制作と情報発信を行なっている団体です。特に精神障がいをかかえた親御さんとご家族、子ども、そのまわりの支援者に向けた情報を発信しています。

 

このページでは、新型コロナウイルスの関連情報と、ぷるすあるはのアイテム(イラスト:精神科の看護師チアキ)を中心に掲載しています。
情報量の多いページです。読みとばしながら、必要なところを拾っていただけたらと思います。
情報はその都度、更新していきます。

最終更新 2020年3月29日

 

はじめに

情報とのつきあい方… しんどいなというときはムリせずに。
情報からはなれる時間も大切に。

目次


1 精神障がいをかかえたご本人やご家族、まわりの人へのメッセージ

ご本人、ご家族の団体からのメッセージ

2 情報がまとまっているページのリンク

生活福祉資金・緊急小口資金の特例貸付制度
情報が届きにくい方(子どもほか)のサポート・不安のケア
Q&A(一般・小児について)、子どものこころとからだのケア
臨時休校でおこまりの子育て世帯をサポートする緊急サービスまとめ

3 子どもの安心安全と日常生活のための情報とアイテム

困ったとき・緊急のときの電話や場所
親子がギャーっとなる前に…
時間を過ごせるコンテンツいろいろ(工作系)
ごはんの準備

4 セルフケア・コミュニケーションのアイテム

電車のピリピリ対策…「花粉症・喘息です」カード
簡単リラックス ほか

1 精神障がいをかかえたご本人やご家族、まわりの方へのメッセージ

『精神疾患をもちながら子育てをしている当事者、ご家族、支援者のみなさまへ』 

精神に障害がある人の配偶者・パートナーの支援を考える会
精神疾患の親をもつ子どもの会 こどもぴあ
共同でのメッセージです。(3/5追記)

》精神疾患をもちながら子育てをしている当事者、ご家族、支援者のみなさまへ(PDF)

『昨今の新型コロナウィルス感染症で不安を感じている皆様へ』

認定NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)から、精神障がいをかかえたみなさまへ。(3/5追記)
「できる範囲でのいつも通り」な生活を意識してみる提案など、精神障がいかかえた理事からのメッセージです。

》コンボのホームページへ

みなさんへ

精神障がいをかかえたご本人、ご家族が少しでも安心して日常生活を遅れるように… 応援をお願いします。まわりの人の方から声をかけたり、いっしょに考えたり、手続きをいっしょにやったり。だれにとっても大変な時期ですが、できる範囲の応援と、いつも以上に丁寧であたたかい対応をお願いいたします。(3/6追記)

2 情報がまとまっているページのリンク

》生活福祉資金の特例貸付制度が開始ー状況次第で10〜80万円がもらえる償還免除もありー
新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応する生活福祉資金・緊急小口資金の特例貸付制度が3/25より開始になっています(厚生労働省)
リンクはYahoo!Japanに掲載されている藤田孝典 氏による説明記事です。(3/29追記)

》新型コロナウイルス、情報が届きにくい方(子ども・外国語話者・視覚/聴覚障害等)のサポート・不安のケア
子どもの心と体を守るためにできること、子どもへの情報の伝え方、不安なきもちとのつきあい方、なども取り上げています。各領域の専門家が知恵を集めて作成したページです。2/27公開記事。

 

》新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省のページ
細かい質問設定で、さまざまな情報がまとまっています。更新の頻度[ひんど]も多めです。

 

》新型コロナウイルス感染症に関するQ&A|小児科学会のページ

小児における症状や、受診の目安、日常生活上の注意点、などがまとまっています。

 

》コロナウイルスってなんだろう?|藤田医科大学感染症科

小学生向けのコロナウイルスの説明スライドが公開されています。お子さんへの説明のときに参考にできます。

 

》子どもに関わるすべての方々へ「感染症対策下における子どもの安心・安全を高めるために」 (3/3追記)

日本臨床心理士会・日本公認心理師協会・セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの共同での発表です。

 

》新型コロナウイルスに関してのこころとからだのケアvol1~家庭や子どもの居場所などでできるケア~

児童精神科医・小澤いぶきさんのnoteの記事です。

 

》【図解】感染症流行期のメンタルヘルス管理(3/28追記)
世界保健機関(WHO)が推奨するメンタル面の新型コロナウイルス対策をまとめたものです。(c)AFP

 

》ブリーフィング・ノート (暫定版)新型コロナウイルス 流行時のこころのケア_Version 1.5(3/28追記)
2020年3月
緊急時のメンタルヘルスと心理社会的サポート (MHPSS)に関する機関間常設委員会(IASC) リファレンス・グループ

 

》新型コロナウイルス感染症まとめ|yahoo!Japan

最新情報、症状・診察、生活への影響のカテゴリーで、情報が集約・更新されています。(3/5追記)

》臨時休校のご家庭に役立つ支援情報をまとめています

食事・預かり・学ぶ・その他のカテゴリで、お住いの地域や日程で利用できるサービスがすぐに見つかります。(日々更新中)

(kidsweekendというウェブ上で紹介されている記事です[キッズシーズ株式会社という民間企業が運営]。情報は随意更新されています。掲載されているひとつひとつのサービス内容についてはぷるすあるは確認できていません。)

3 子どもの安心安全と日常生活のための情報とアイテム

こまったとき・緊急のときの電話や場所

 

『こまったとき・きんきゅうのときカード』

いざというときの電話や場所をカードにして備えておくと安心です。
いずれも、ダウンロードして活用いただけます。

[PDF]こまったときカード(197KB)

 

『安全地図』

子どもの行動範囲で、なにかのときに助けをもとめる場所、夜でも大人がいる場所などを地図にまとめます。

安全地図のイメージ

[PDF]安全地図(456KB)

『相談先の情報』

電話、SNS、役所など
ドラッグ・にんしん・HIV・デートDV・性被害・LGBTの相談
どこに相談・なにを相談してよいかわからないとき
やっぱり相談はムリというとき…
のテーマをのせています。

》子どもが自分でそうだんできる電話、場所、情報のあるサイトをのせているページへ

親子がギャーっとなる前に

例えば…
スーパーやコンビニ、公園、自転車にのる、ペットをかってたら散歩する、など。
親の方が出るのもありです。
ギャーとなる一歩、二歩手前で。
まわりの人、地域の人はあたたかく見守ってください。

※文部科学省から、症状がなければ、休校中に公園に行ってもOKという見解がでています(3/11追記)

 

 

》家族へのキモチはいろいろ・じぶん家観察

家がしんどいな… 家族との関係、うーん…というときのヒントに。イラストのページ。#生きる冒険地図より(3/5追記)

時間をすごせるコンテンツ・サービスいろいろ

 

自宅ですごすことが多くなる子どもが、ひとりでも、楽しく安全にすごすアイデア、アイテム集です。

ぷるすあるはのオリジナルアイテム

『ハッピーリスト』

ひまなとき、ちょっとしんどいときやイライラしたとき、さびしいときetc。ちょっと元気がでるかも、ということのリストです。
自分のハッピーリストを作るのもよいと思います。

[PDF]ハッピーリスト(496KB)

自分で書き込めるタイプのシートもあります。

[PDF]オリジナルハッピーリスト(190KB)

『手作り工作キット』

ぬりえ、豆本キット(3種類)、きもちのサイコロ、ココロの友ロボ、クラフトメーターがあります。
チアキのぬりえは、新作4点を追加して、7つの柄になりました。

》ダウンロード>手作り工作キット

外部のサービス(工作系でチアキ・ぷるすあるはもはまりそうなもの)

》迷路.jp

》キャノンのペーパークラフト

》休校のお供に。ペーパークラフトが無料ダウンロードできるサイト50
(こんなまとめもできていました。個人の方のnote記事です。)

 

※「この機会にこそ」と無料学習系、知育の情報がSNSなどにたくさん登場しています。意識高い系も多いので… 普段やらないようなことはしない、ムリしない、ムリしない…がよいと思います。

ごはんの準備

#子ども簡単レシピ

子どもがひとりでつくれるレシピ、安価な材料でつくれるもの。
#子ども簡単レシピ のタグでツイッターでみんなの知恵を持ち寄っています。
病気などをかかえている親御さんが、ゆるく簡単に子どものごはんを用意したいというときも役立ちそうなレシピです。

》子ども簡単レシピ

》ごはんを食べる

ごはんがないときどうしよう?自分でできる知恵と工夫をイラストでまとめたページ。#生きる冒険地図より(3/5追記)

4 セルフケアとコミュニケーションのためのアイテム

家で過ごす時間が長くなる子どもたちもですが、親御さんにも大きな負担がかかることがあると思います。
精神疾患のある方、身体疾患のある方、だれにとっても、落ち着かない、ストレスがかかりやすい状況です。
ここでは、電車のストレスの声から生まれたカードと、ぷるすあるはがこれまでにつくってきた、セルフケア・コミュニケーションのアイテムをいくつか紹介します。

『花粉症です・ぜんそくです・かぜ症状ではありません』カード

電車や人の集まる場で、セキなどにみながピリピリしている…という声から。小さいサイズのものは、マスクにはることをイメージして作りました。

》かぜ症状ではありません・うつりませんを伝えるカード集のページへ(花粉症・喘息・汎用版の3種類があります)

『簡単リラックス』

いつでもどこでもできる簡単リラックス法です。

[PDF]簡単リラックス(2015KB)

『体調ポスター』

からだの不調に気づくヒントに、伝えやすくなるアイテムとして。
子どもから大人まで。英語やスペイン語などもあります。

[PDF]体調ポスター日本語版

》『体調ポスター』多国語版のページへ

『いろんなきもち日記』

どんなきもちもだいじょうぶ。

[PDF]いろんなきもち日記(1MB)

 

『伝えるカード』

身近な人とのコミュニケーションに使えるカードです。
なかなか言葉にしにくこと。机の上に置いたり、冷蔵庫にマグネットで貼ったりします。今の自分の調子や気持ち、伝えたいことを、自分で振り返るきっかけにも。3パターンあります。

》伝えるカードシリーズ(3種類のカードが紹介されているページ)

そのほか、ストレスコップ、メーター日記、イイトコ探しほか、たくさんのアイテムがリンクにあります。

》ダウンロード>セルフケア&コミュニケーションツール(一覧のページ)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
少しでも日常生活の安心安全が守られますように、こころおだやかに過ごせますように、この時期を乗りきれますように。

こんなアイテムがあったらいい、の声がありましたら、ぷるすあるはの「お問い合わせフォーム」よりぜひお寄せください。


 

毎月のメールマガジン「アルハ通信」で最新情報が届きます
サイト運営団体:NPO法人ぷるすあるは
》これまでのメールマガジンをみる