「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

コロナ禍と病気と…『子どものそだちとくらし』-取材記10

コロナ禍と病気と…『子どものそだちとくらし』-取材記10
2020年8月29日 pulusu

ぷるすあるはは、精神保健に関する絵本やウェブサイトによる情報発信を行っている団体です。特に、メンタルヘルスの課題・さまざまな事情のある家庭の子ども、子育ての応援に取り組んできました。

 

2020年、新型コロナウイルス感染症の世の中への影響が本当に大きくなっています。この状況下、子どもたち、親御さんたちの様子は…? まわりの様子や取り組みは…?
さまざま形でこのテーマにかかわる10の団体にご協力いただき、オンラインインタビュー(もしくはメール)で、コロナ禍の様子をお聞きしました。そちらをまとめたコーナーです。

 

「自分だけじゃないかも」「こんな知恵で工夫でのりきってるところがあるよ」「こんな応援をしているところがあるよ」というメッセージが少しでもひろがるように…。
まわりの方にとっては、現状や必要なサポートを知り、考える機会になったらと思います。

(インタビューは順次公開していきます。)

 


・精神科訪問看護ステーションから

》訪問と精神保健福祉士の強みを生かした精神疾患のある親と子のくらしへのかかわり〜有限会社オラシオン

・多機能精神科クリニックから

》コロナ禍もそれ以前も、目の前の患者さんが今必要としていることを – 多機能型・精神科診療所『三家クリニック』の親子支援の取り組み

・うつをかかえたお母さんの自助グループから

》気分の不調をかかえながらの子育て、コロナ禍の影響、自助グループについて ー 産後うつなどママのこころの不調を対象とした自助グループ・はぐはぐからの声

・精神に障がいのある親を持つ子どもの集いから

(準備中)

・ヤングケアラー支援から

》ヤングケアラー支援~小学校低学年の頃から「助かった…」という経験値が積み重なるように

・児童相談所から

》コロナ禍での児童虐待相談・対応と、子どもさん、親御さんへのメッセージ

・虐待防止センターから

》「なにも整理されていなくていから、えいって、まず電話してつながってください」〜子育て、虐待の悩みの匿名電話相談(CCAP)

・DV支援から

(準備中)

・養護教諭から

(準備中)

・地域の子ども食堂、子どもの居場所から

》なにもないときにこそ、子どもと大人が安全に出会える場をつくる − 三鷹の子ども食堂・子どもの居場所『だんだん・ばぁ』のコロナ禍のあゆみ

・子ども情報ステーションの利用者アンケートの声から

》コロナ禍の様子を教えてください


 

なお、本取り組みは、「子ども虐待防止オレンジリボン運動 新型コロナウイルス感染症対策下における子ども虐待防止に資する活動への助成」を受けて行うものです。
『生きる冒険地図』『ゆるっとこそだて応援ブック(制作中)』の寄贈がセットになっており、現場で活用いただいています。

 


 

ぷるすあるはでは、2020年3月から特に7月頃にかけて、新型コロナウイルス感染症に関する情報発信に力をいれてきました。
》【特設ページ】新型コロナウイルス関連の情報とアイテム集(NPO法人ぷるすあるは編)