「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

[12/18-12/22] 展覧会『ココロがしんどくなる前に-だれでもだれかのサポーター』(小平市精神障がい者理解促進研修・啓発事業)

<第一報>

小平市精神障がい者理解促進研修・啓発事業
『ココロがしんどくなる前に だれでもだれかのサポーター』

 

【会期】
2019年12月18日(水)—12月22日(日)

 

【会場】
小平市民文化会館ルネこだいら 展示室
東京都小平市美園町1丁目8番5号
アクセス 西武新宿線小平駅南口下車 徒歩3分

 

サテライト会場
CAZE CAFÉ なかまち
東京都小平市仲町145 なかまちテラス内

 

 

【企画概要】
2019年小平市精神障がい者理解促進研修・啓発事業として、精神に障がいのある方とご家族を地域で応援することをテーマに、絵画展と関連イベントを行います。
色づかいと表情が印象的な絵の作者は『チアキ』。精神科の看護師でもあります。 現在は「NPO法人ぷるすあるは」の制作担当として、絵本やウェブサイトを通して、精神障がいを抱えた方、家族、特にその子どもたちを応援する活動をしています。
本事業は、絵、絵本ほか、さまざまなアイテムを通して、ココロのテーマを身近に感じていただく企画です。相談先やサポートのヒントなどの役立ち情報もまとめて展示します。 ひとりでも多くの方にお越しいただき、だれにとっても優しい地域、社会をめざして、いっしょに取り組んでいけたらと思います。

 

主催 小平市
企画運営 社会福祉法人ときわ会
企画協力 NPO法人ぷるすあるはとチームこだいらん

目次

NEWS
イベント情報 ←NEW
展示作品(準備中)
チアキ、展覧会歴
フライヤー・印刷用PDF(準備中)

NEWS

 

・2019.9.19 公式ページを公開しました

イベント情報

 

いずれも入場無料です・小平市民だけでなくどなたでも参加できます
詳細は決まり次第アップします

 

ぷるすあるは 「チアキ」 絵画展(メインイベント)

12月18日(水)—12月22日(日) 10:00—18:00

 

ぷるすあるは絵本朗読会

12月21日(土) ①11:00/②16:30(各回約30分)

 

ぷるすあるはギャラリートーク

12月22日(日) 13:30-15:00 (託児あり・託児は要事前申込)

 

創作コーナー (会期中随時)

ぬりえや工作を子どもも大人も自由に楽しもうコーナー

 

情報コーナー/図書コーナー(会期中随時)

小平市の障がい者支援、精神保健や子育て支援に関する情報、「精神障がいをかかえた親と家族・子ども」の応援についての本や情報、精神障がいについてイラストで学べる情報、セルフケアやコミュニケーションツールなどを設置

※ぷるすあるはの絵本やアイテムの販売も行います

展示作品

 

(準備中)

チアキ(細尾ちあき)・ぷるすあるは

 

兵庫県生まれ。看護師、関西で長く精神科診療所に勤めたのち、2008年からさいたま市の精神保健福祉センターに勤務。2012年、同僚だった医師キタノと絵本制作ユニット「プルスアルハ(現ぷるすあるは)」として活動開始。絵本のお話と絵、ぷるすあるはの全てのイラストを担当しています。絵のなかで特にこだわっているのは色づかいと表情。今回の展示でも、たくさんの子どもたちの表情が描かれます。

NPO法人ぷるすあるは

 

さいたま市を拠点に、絵本や情報サイト『子ども情報ステーション』を通して、精神障がいやこころの不調をかかえた親、家族、その子どもたちを応援する活動を行なっています。
日本児童青年精神医学会  2014年度実践奨励賞/第12 回精神障害者自立支援活動賞  支援者部門/FITチャリティ・ラン2017支援先団体選出

著書

 

『生きる冒険地図』,学苑社,2019

家族のこころの病気を子どもに伝える絵本シリーズ(うつ病、統合失調症、アルコール依存症編),ゆまに書房

子どもの気持ちを知る絵本シリーズ(不登校、家庭内不和、発達凸凹・感覚過敏編),ゆまに書房

フライヤー

 

(準備中)