「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

小学生のころ、忘れ物を頭ごなしに叱らない先生にホッとしてました

小学生のころ、忘れ物を頭ごなしに叱らない先生にホッとしてました
2018年1月31日 pulusu

少し前に小学校の頃のセンセーと話す機会がありました。
ふと忘れ物の話題に。

センセー「忘れものは子どものせいちゃうし、ゴンタだってまぁ色々あるやろし、忘れたからって罰ばっかりやったら学校楽しないやん」「指導ばっかりしてたら楽しい話しできひんやん」と。

あーそうだから優しい空気を覚えてるんや。
学校に行けてたのは、その温かな空気やったな…と思い出しました。
当時、家はいろいろごちゃごちゃしていて、学校の持ち物の準備に大人のサポートが得られない状況でした。
だれでも自由に使っていいコーナーがあって、文房具とかいろいろ置いてあって、ホっとしてました。

忘れものや、ちょっとゴンタさんの子どもたちが、頭ごなし叱られないって、子ども、親御さん、両方の応援になります。
忘れものしない。ももちろん大切だけど、いろんな理由があって、言いにくいこともあります。

頭ごなしに叱られない。
その経験があれば、子どもがピンチの時に、話せるかもしれません。(チアキ)

 

子育て支援が子ども支援

 

》忘れ物ー先生のための保健室コラム(もっち先生より)