「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

『生きる冒険地図』が東京新聞・中日新聞で紹介されました&4刷決定!

『生きる冒険地図』が東京新聞・中日新聞で紹介されました&4刷決定!
2019年11月23日 pulusu

》「精神疾患ある親の子へ 生き抜く方法まとめ本に」東京新聞ネット(2019.11.21)

好評につき、4刷決定しました。
たくさんご購入、ご活用いただきありがとうございます!

こんな声も届いています。

ただただ自分が子供の頃に出会いたかったです。
自分の子に役に立つだろうと思い今回購入しました!
うちの子は自閉症です。自分も恐らくそうでしょう。30を過ぎても生きるのがツラいです。うちの子にはせめて少しでも生きやすくなってもらいたく、こちらの本をお守り代わりにも持ってもらいます。
他の書籍も気になっているので機会が来たら購入させて下さい。益々のご活躍をお祈り申し上げます。」

 「本書は、大人にとって都合のよい道徳ではなく、子供にとって正直でフェアな生きるうえでの道標が書かれており、この本によって大げさではなく命を救われる子供もいるのではないかと思います。私自身、子供時代に大人を信用できず、独学のトライ&エラーでいわゆる地図をつくり、今もつくっている途中ですが、そんな私にとって子供時代にこの本と出会っていればいくら助けになったかわからないと思います。」

 

声をもっと読む↓↓

》プルスアルハの本へのみなさまからの声

 

ぷるすあるはのオンラインストアでは

》1冊
》10冊セット・2割引
》1冊+クラフトふせんとのセット

の3つの商品を展開しています。すべて、特典に「広い世界が待ってるし」のポストカードつきです。
ぜひ、子どもたちの冒険を応援してください。