「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

[準備中]保育士さんへ

ページにおこしいただきありがとうございます。
保育士さんが、精神障がいをかかえた保護者とのかかわりに生かせる情報を発信しています。

更新日:2017年7月20日

 

対応の原則は

・保護者といっしょに考える[責めない]
・みんなで対応する[迷ったら、困ったら、ひとりで抱え込まない]

視点を少し切りかえてみることで、保護者の方の想いや、対応のヒントが見えてくることもあります。

 

できていることに注目。

年齢が低ければ低いほど、「保護者の支援、子育て支援」が子どもの支援になります。

いろいろな力を遠慮なくかりることを、ぜひ応援してください。

保育士さんもひとりでかかえこまずに。

関連ページ

学校の先生方へ
*このページの内容がさらにくわしく説明されているページ

『親が精神障がいやこころの不調になったときの子どものケアガイド』〜子どもの気持ちの理解、病気の伝え方、関わり方のヒントほか

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+