「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

『ゆるっとこそだて応援ブック』について by チアキ

『ゆるっとこそだて応援ブック』について by チアキ
2020年6月28日 pulusu

この本は…
病気の親御さん向けに書いてるけど、病気とか障がいとか関係なしに、子育てを応援してくれる本があってもいいよなあ、と思ってつくりました。

 

主人公のマメは、私の分身?かもしれません。
私の家もごちゃごちゃどたばたしていました。… 親はあんまりで…3つ上の兄に育てられたようなものだけど、だいぶユニークな大人になったけど、育ちました。

 

もう少しゆるゆるしてても子は育つし、そんなに神経質にならんでいいよとか、いろんな大人に抱っこしてほしい、ほかの大人に預けて預けてとか、マメやったらこう思ってるやろな、マメだったら親御さんにこういうこと伝えたいな、ということを描いています。

 

子どもの頃、わが家にこんなサポートがあったらよかったと思うことのひとつは親へのサポートです。いろんな事情で難しかったけれど、もし、親が頼れるところがあったなら、気にかけてサポートしてくれる大人とつながれていたなら…と思います。

 

まわりの支援者の方には、(親御さんに)多くを求めすぎずに、これくらいの視点もあっていいのかも、というかんじで読んでもらえたらと思います。そして、どんな家の子も、親御さんも、尊重してほしいです。

 

最後に。この本で一番伝えたいメッセージ。
早めにだれかにSOSを出してほしいです…。親御さんへ、がんばりすぎる前に。
この本が、親ごさんと、そのだれかとを、つなぐ本になったらと思います。
チアキ

 

(8月末の完成めざして制作中です)