「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

表紙と本文の紙選び

表紙と本文の紙選び
2019年1月26日 pulusu

今日は「生きる冒険地図」5月の出版に向けて紙選びに行ってきました。
学苑社さん、印刷製本をしてくださる担当の方と紙選び。
ステキな紙がズラリと並んで、テンション上がってしまい写真を撮りそびれました。泣。

 

表紙は攻めの色をチョイス
中の紙もやわからかな手触り

 

これで束見本を使って頂き、確認してハイペースで中身を1から描き直します。
紙屋さんってパラダイス過ぎて色たちが今も脳内を踊ってます。

 

 

》学苑社ウェブサイト

》紙屋さん(竹尾 見本帖本店)

 

生きる冒険地図

さまざまな背景の中で今日一日をがんばって生き延びている子どもへ、生きる知恵と工夫をつめこんだ本です。チアキが、明日に希望がもてないと思っているあの子へ、いないことになっているMIRU・IRU(本の主人公たち)へ、全力で、届けたいとつくった本です。2017年の夏に手作り版が完成。それから、600冊あまりが全国へと旅立ちました。

『こんな大人受けの悪そうな本つくって大丈夫なの?
…けど、学校の先生がみんな、1冊ずつ持っててくれたら、ちょっとわたしたちが学校で生活しやすくなるかも』

この本を手にした子の言葉です。
もっと多くの子どもたちへ届けるべく5月末の出版を目標にすすみます。

》ウェブ版のページへ(一部公開しています)

 

例えばこんなページ…