「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

[参加方法について]絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト

[参加方法について]絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト
2016年2月4日 pulusu

エントリー受付中です(〜2/22)

「親が精神障がいをかかえている子どもを応援する」プルスアルハの絵本を、学校の保健室へ届けることで、子どもたちへ安心を届けようというプロジェクトです。

お申し込みはプロジェクトページへ https://pulusualuha.or.jp/activity/skyproject/

参加方法についてご説明します。

 

(決済なしのコース)

  • 「届けたい学校があって自分で届けます!絵本は自分でAmazonなどで購入します!」という方は、Cコースへ

  • 「届けたい学校があって自分で届けます!(ぷるすあるはから郵送される絵本を)届ける役割を担います!」という方は、Bコースへ

 

(決済ありのコース)

  • 「寄付します!送り先はお任せします!」という方はA-3コースへ

  • 「寄付します!送り先は自分で指定しますので郵送依頼します!」という方はA-2コースへ

  • 「寄付します!自分で届けます!(自分のところに送ってください!)」という方はA-1コースへ

 

保P

 

絵本がもっと広がったらいい、協力したい…という声を受けて、昨年から、パイロット版で献本を行ってきました。「母校にぜひ届けたい」「卒業のときに、お世話になった先生へ渡したい」「絵本を自分で準備することは難しいけど、なにか協力したい」「突然絵本をもっていくのは気がひけるけど、プロジェクトだったり、カバーレターがあると届けやすい」「ネットでクレジット決済するのは抵抗感があるので、絵本は自分で準備したい…」etc

参加したいという方のいろいろな想いを知り、今回のプロジェクトは、参加方法を細かく選べるように設定しました。参加しやすい方法で、ぜひご協力ください。長く続けていけるプロジェクトになるよう、今後改良を重ねていきたいと思っています。

お申し込みはプロジェクトページへ https://pulusualuha.or.jp/activity/skyproject/

 

プロジェクトのイメージが一枚の絵に、そして動画(0:40)に。チアキのふしぎな世界です。

↓↓