「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

絵本『ボクの冒険のはじまり─家のケンカはかなしいけれど─』

家庭内不和をテーマとした絵本です。キーパーソンは保健室の先生。どこかに行くだけが冒険じゃない。

 

子どもの気持ちを知る絵本②
『ボクの冒険のはじまり─家のケンカはかなしいけれど・・・』
定価:本体1,800円+税 B5判上製/48頁 ゆまに書房 2015.3刊行
ISBN978-4-8433-4602-0 C0311

プルスアルハ著
お話と絵:細尾ちあき[看護師]
解説:北野陽子[医師・精神保健指定医]

オンライン書店はこちらをご覧ください

amazondtl_btn_rktdtl_btn_mjndtl_btn_kky

一般書店でも注文できます

不和編250

あらすじ

主人公リクの家では、お母さんとお父さんのケンカが絶えません。ケンカを留められないのは、自分のせいかもと感じて、悲しくなっています。叩かれて、はれてしまった顔のことを、先生に聞かれても、お母さんが怒られると思いウソをつきます。ある日、お腹が痛くなっていった保健室で、先生は何も言わずに、リクを温かく受け入れます。やがて少しずつ話をするようになる2人。両親のケンカはリクのせいではないことを先生が教えてくれます。
(↓画像をクリックすると拡大します)

巻末には大人向けの解説つき

どんな気持ちも大切な気持ち/うちあけるペースを大切に/「よく話してくれたね」のひとことを/子どもと作戦会議を  ほか

絵本を特におすすめしたい方

養護教諭、スクールカウンセラー、教員、相談機関、医療機関、図書館(小中高校/大学/公共)、子育て支援に携わる方 など、子どもにかかわる全ての方が絵本の対象です


推薦文 犬塚峰子先生(児童精神科医/大正大学人間学部臨床心理学科)

親同士のけんかや暴力は、子どものこころを深く傷つけ大きなかなしみをもたらします。そして、自分が親の笑顔を引き出さなくてはいけない、だって自分のせいでこうなっているのだからと、出口のない孤独な努力にこころとからだをすり減らし、自尊心がそこなわれていきます。この絵本では、傷ついたボクが迷路から抜け出し、「ボクがボクである」ことに向かって歩み出すようすが、繊細な絵と言葉で描き出されています。

ボクの力をパワーアップしたものは何でしょうか。答えは絵本の中です。

ヒントは、はちみつ入りのホットミルク。もう少し言ってしまうと、だまって頭をなでてくれる手、「ボクの好き」を見つける冒険。そして相棒ソラ。


 

関連絵本

プルスアルハ著/ゆまに書房

・子どもの気持ちを知る絵本 
 ①わたしのココロはわたしのもの ─不登校って言わないで
 ②ボクの冒険のはじまり ─家のケンカはかなしいけれど…

・家族のこころの病気を子どもに伝える絵本
 ①ボクのせいかも… ─お母さんがうつ病になったの─
 ②お母さんどうしちゃったの… ─統合失調症になったの・前編─
 ③お母さんは静養中 ─統合失調症になったの・後編─
 ④ボクのことわすれちゃったの? ─お父さんはアルコール依存症─

プルスアルハのこころの絵本とカード(一覧ページへ)

絵本7冊表紙


 

amazondtl_btn_rktdtl_btn_mjndtl_btn_kky

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+