「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト

いろんなきもち日記

基本的な「きもち」を書いたシートです。
およそ小学校中学年から

[PDF]きもちいろいろ日記・白黒

(2MB)

[PDF]きもちいろいろ日記・カラー

(4MB)

 

使い方例

・日記のように、1日をふりかえり、その日に感じたきもちを選ぶ。
・朝、今のきもちを選ぶ。
・シートにないきもちを書いてもよい。
・ポスターの用に掲示する。
・白黒バージョンは色をぬってもよい(子どもが自分で、あるいは大人がぬる。ぬり絵を楽しみながら自然に気持ちについてふれる機会になる)

大人の人へ

「どんなきもちもokです」
どれを選んでも、絶対にしからない、イヤな顔をしないようにします。
正直なきもちを話さないようになります。正直なきもちを言うことはよくないことだと学習することもあります。
子どもにも子どものペースがあり、今は気持ちの話なんてしたくない…ということもあるでしょう。
例えば「ふつう」は、そんなときに子どもが比較的負担なく選べる項目として入れています。
人には、ポジティブなきもちも、ネガティブなきもちも、いろいろな気持ちがあることを、まずまわりの大人が肯定します。大人も自分のきもちに気づくきっかけにしてください。

 

この教材は平成28年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けてNPO法人ぷるすあるはが作成したものです
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+